NMB48福本愛菜卒業公演完全レポ!
2月23日に行われたNMB48「誰かのためにリバイバル公演」で、福本愛菜の卒業発表が行われた。 NMB48スタート時から中心メンバーとして活躍した福本愛菜の卒業発表は、あまりにも衝撃すぎファンのみならず関係者の間でも大きな話題を呼んだ。 そんな卒業発表から4ヶ月半が経ち、遂に福本愛菜は卒業の日を迎えることになった。最後の日は他の卒業メンバーと同じく劇場で行われ、福本愛菜ファンを中心に多くのファンが集まりNMB48としての最後のステージを見守った。 開演に先立ち場内にはいつものように影アナがスタート。影アナの担当は福本愛菜本人なのだが、アナウンスの途中に、NMB48のおバカ3姉妹・木下春奈・門脇佳奈子・白間美瑠が乱入。4人が入り乱れワイワイとした雰囲気のアナウンスで、会場は一気に和んでいった。 幕が開くと『月見草』からスタートするのだが、心なしかメンバーも客席のファンも気合が入っているような感じがした。4曲目の『誕生日の夜』まで一気に歌い上げ、自己紹介のMCに突入。 ここでさや姉こと山本彩が、福本愛菜の得意技でもある「あいにゃん波動砲」をパロった「さやか火縄銃」を客席に向けて「ドーン!」と発射するのだが、予想通り不発に終わってしまった。そして満を持して本家の福本愛菜が登場し波動砲を撃つと同時に、客席のファンが各々の色のプレートを前にかざし、福本愛菜から見ると「N」の文字になるようになっていたのだ。ファンによる素晴らしい演出である。 自己紹介のMCが終わると山本彩・岸野里香・山口夕輝による『Bird』『投げキッスで撃ち落せ!』『蜃気楼』と続き、ここで福本愛菜の参加しているユニット『ライダー』の披露だ。イントロがスタートした瞬間に客席にはサイリウムの海が広がった。ライダーの衣装の色を彩った鮮やかな光が会場全体に広がり、これを見た福本愛菜はすぐさま笑顔になった。まさにファンの粋な演出がキラリと光った瞬間である。 あっという間に前半が終わってしまい、『制服が邪魔をする』から始まった後半は『夏が行っちゃった』『小池』『月のかたち』と一気に続き、遂に最後の曲『誰かのために』となってしまった。イントロが流れ始めると、会場はしんみりした空気になったが、サビの「誰かのた~めに」という歌詞の後に、合いの手として「愛菜のた~めに」とファンから声援が入り会場は「あいにゃん愛」に包まれた。大きな拍手と共にメンバーは去っていったが、暗転と同時にファンの代表があいにゃんに対する感謝の気持ちを綴った口上をスタート。大歓声のアンコールとして「あいにゃん」コールが発動。このアンコールに応えてメンバーは、再びステージに登場して、『HA!』『北川謙二』を披露。ここで福本愛菜のエピソードについてのMCとなるのだが、前述したおバカ3姉妹を中心に何故か笑いの起きるエピソードが多く、しんみりしたムードはいつしか和やかな雰囲気となった。しかしこんな素敵な時間は長くは続かない。ここで最後の曲『涙売りの少女』のスタートだ。『涙売りの少女』が終わると場内は暗転となり、いきなりステージにはスクリーンが下り、福本愛菜のスライドショーが始まった。 まず2010年10月にAKB48のイベントで、NMB48が初お披露目になった時の写真が映し出された。ここから福本愛菜がNMB48として歩んできた数々の写真が紹介され、最後はNMB48が初の日本武道館公演をやった時の写真が紹介された。 スライドショーが終わると『結晶』のイントロが流る。この『結晶』は、福本愛菜が大好きな曲であり、4月に行われた「NMB48リクエストアワー2013」で、福本愛菜ファンを中心に投票され1位を獲得した曲である。しかも今回は当時白組メンバー(篠原栞那は卒業しているため不在)が集まって歌ってくれた。さらに同期でもあるチームMの川上礼奈・木下百花・小柳有沙も駆けつけ卒業に花を添えた。 福本愛菜の最後の挨拶が始まり「約2年9ヶ月、NMB48の一員としてこうやってここまで皆さんの応援があって頑張ってこれたので、すごい皆さんのことは私にとってすごい誇りですし、自慢の存在です」と感謝の言葉を綴った。 【NMBメンバーに衝撃の発表が!】 ファンから「バラの苗」をプレゼントされたのだが、これは苗からバラが咲くようにバラエティタレントとしての花が咲くように、という願いを込めてのプレゼントである。さらに渡辺美優紀から感謝の気持ちを込めた手紙や、メンバーからの色紙のプレゼントが送られた。さらに大好きなメロンパンやまさかの本物のメロンまで登場。そして最後に劇場に飾られている「福本愛菜」と書かれたネームプレートが進呈された。最後は近藤里奈ちゃんの一本締めで卒業公演の幕が閉じたのだ。 7月1日をもってNMB48を卒業して新たな道を歩みだした福本愛菜だが、その数日後には、ルミネtheよしもとにソロとして出演して、ブラックマヨネーズを相手に司会を担当。これからはタレントとしてバラドル路線を突き進むのだろうが、どのような展開になるかわからない。 福本愛菜第2章は始まったばかりなので、しっかりと見守っていきたいと思う。 ファン必見! NMB48げいにん関連楽曲も! <セットリスト> M00:Overture M01:月見草 M02:Warning M03:誕生日の夜 M04:Bird M05:投げキッスで撃ち落せ! M06:蜃気楼 M07:ライダー M08:制服が邪魔をする M09:夏が行っちゃった M10:小池 M11:月のかたち M12:誰かのために ~アンコール~ EN01:HA! EN02:北川謙二 EN03:涙売りの少女 EN04:結晶