Negicco10年目【ネガティブ】と【武道館】への想い
今年で結成10周年を迎えるアイドル・ユニットNegiccoが、初のオリジナルフルアルバム『Melody Palette』をリリースする。 制作陣に、かねてよりプロデュースを手がけてきたconnieはもちろん、小西康陽、西寺郷太、サイプレス上野とロベルト吉野、tofubeats、長谷泰宏(ユメトコスメ)、吉田哲人、RAMRIDER、grooveman Spot、banvoxと豪華メンバーを制作陣として迎えている。 10年前といえば、AKBが結成されるよりも前の話。10年かけて彼女たちがたどり着いた1つの到達点が『Melody Palette』となる。 “いい曲が揃ったアイドルのアルバム”ということでかたづけるにはもったいない、良質なトラックが揃った名盤が誕生した。それは、Negiccoの3人が頑張る姿を応援する人たちによる、彼女たちへの愛の結晶でもある。 Negiccoとは? -10年目にして初のオリジナルフルアルバムをリリースします。まずは、完成しての感想を教えてください。 Nao☆ オリジナルを出すことは、ずっと憧れでした。Negiccoをすごく応援してくださっている方々が、気持ちを込めて作ってくださったので、本当に愛のつまった1枚だと思っています。 Kaede 新しい曲がつまったアルバムを10年目にして出せてすごく嬉しくて、色々な方に協力していただいて最高なアルバムが完成したな、って感じています。 Megu 曲のつながりとかもすごく良くて、ずっと聴いていても飽きない、すごく素敵なアルバムができました。 Nao☆ 今回、一気に新しい曲が増えたということで、ライブでパフォーマンスするのも楽しみです。たくさんライブをさせていただいている中で、どうしても同じ曲になってしまうことも多かったので。 -今回、多くのクリエーターと制作しましたが、レコーディングはどのように進めたのでしょうか? Nao☆ 制作をしてくださった方によって、それぞれ違う形でレコーディングをしました。RAM RIDERさんだったら、RAMさんのレコーディングハウスに行って、RAMさんを身近に感じながら歌ったり……あれは緊張しましたね。 Megu 『イミシン☆かもだけど』は、長谷さんがレコーディングで一緒に歌って踊ってくれたことが印象に残っています。一緒に楽しみながらやってくれるので、私たちも気分がのって、楽しんでできました。 Kaede 長谷さんは、歌詞カードが漫画調になっているお手製の本を作ってくださったんです。 Nao☆ 本当に愛を感じたよね。今回の制作を通して、人それぞれ、レコーディングの仕方にも【色】があるんだって勉強になりました。 Kaede 皆さんすごい方々ばかりだったんですけど、優しくしてくださってやりやすかったですし、新鮮な気持ちでレコーディングできたので良かったと思います。 Megu 自分の声や歌い方に発見できたことも大きかったよね。 -今回名曲揃いで、もちろんすべての曲がおすすめだとは思うんですけど、その中でそれぞれ、特にこれ!と思うアルバムの聴きどころを教えてください。 Megu 私、tofubeatsさんのファンで『水星』という曲がすごく好きだったんです。今回、『相思相愛』という曲を提供していただいて、まさにどんぴしゃな、ちょっとメローでリズムがある曲を歌わせていただくことになってめっちゃテンションが上がりました(笑)。ゆったり系な曲なんですけど、手をふったりして盛り上がれるのでぜひライブでも披露したいです。 Kaede 今までほとんどの曲をプロデュースしてくださっていたconnieさんも、他の方に負けないようにって、気合いの入った新曲を2曲提供してくださっていて。その中で『ルートセヴンの記憶』という曲がとくに気に入っています。今までにNegiccoになかった曲調で、歌詞の中に新潟の情景も入っている、とても素敵な楽曲です。 Nao☆ 私はアニメとアニソンが大好きで、ユメトコスメの長谷さんが『イミシン☆かもだけど』という、長谷さんワールド全開のかわいいテイストの曲を提供してくださって、聴いたときはワクワクしちゃいました。Negiccoのこれまでとは違う個性を引き出せてもらえました。 -作家陣にビッグネームが並ぶ中で、これまで10年間一緒に苦楽を共にしてきたNegiccoとconnieさんが作詞をした『ネガティヴ・ガールズ!』は、とても心に染みました。 遂に配信開始!Negiccoアルバム買うなら! 『ネガティヴ・ガールズ!』『イミシン☆かもだけど』一曲からでも買える! Nao☆ せっかくみんなで作るなら、聴いていただいた方に歌いたいって思ってもらえる曲を作りたいって考えて、台詞とかメンバーの個性が入った面白い感じの曲にできれば、ということになったんです。まずはタイトルになるようなお題を決めるところから始まりました。 Megu それで、3人で「最近何を悩んでいる?」みたいな話になって、私は、もっとかわいくなりたい、Kaedeが人との付き合い方がどうしていいか分からない、Nao☆が人間不信、ということを出し合ってやっぱりみんなネガティブなんです(笑)。 Kaede 性格がネガティブなことは、メンバーみんなコンプレックスだったんです。まわりからは、良くないからやめなさい、って言われていたし。でも、ずっとお世話になっている吉田豪さんからネガティブなことってそんなに悪いことじゃないよ、って言っていただいて楽になった部分があったんです。 Nao☆ それで、コンセプトは【ネガティブ】ということにして、言葉を出し合って歌詞ができました。 Megu connieさんに、申し訳ないけどダメ出しをして明るい曲調をお願いして、吉田哲人さんにアレンジをしてもらえたらすごい出来上がりになって。ネガティブもこれだけ楽しいんだぞ、って落ち込んでいる人を励ませればと思っているんです。 Kaede 今回、多くの方が関わるアルバムを作らせていただくにあたって、connieさんも含めて4人でNegiccoだよね、ということを皆さんがおっしゃってくださったのがすごく嬉しくて。そんな中でconnieさんと一緒に作った『ネガティヴ・ガールズ!』という曲を入れることができて良かったです。 -本当に今回は、多くの人たちで関わって完成したアルバムだと思います。 Nao☆ インディーズ時代、CDを自分たちで焼いて作ったりメイクや衣装ももちろん自前だった時に、いつかメイクさんやスタイリストさんがついて写真を撮影できることを夢みていたんですけど、本当に実現できてありがたい気持ちでいっぱいです。 Megu 少ない人数で活動してきた私たちに、今回こういう機会をいただいてレーベルのT-Paletteさん、そして何よりファンの皆さんには本当に感謝しています。 Kaede 今回の制作を通して、Negiccoは人との巡り合わせが本当に恵まれているなあ、って。円になっている、つながっているということを実感することができました。 Nao☆ この縁、巡り合わせも10年間続けてきたからできたことで、途中で辞めていたらこういうチャンスをいただくこともできなかったわけで、続けてきて本当に良かったと思っています。 Kaede みんな何回も辞めようとしていて、それを乗り越えて今がある。やっと10年目にして、これまでの苦労も無駄じゃなかったと思えるんです。 Megu 最初からこういった恵まれた状況だったら、感謝することができなかったかもしれない。ひどい時代があったからこそ、今が幸せで、皆さんに注いでいただいている愛情を逆におかえしできるように頑張りたいです。 -これからの目標をお願いします。 Megu 最終的には武道館でライブをすることですけど、まだ、Negiccoを名前だけで誤解している人も多いと思う。今回、こんな素敵なアルバムを作ることができたので、たくさんの方に聴いてもらって、そしてNegiccoのことを知ってもらいたいです。あと、個人的にはももいろクローバーZさんと共演したいです(笑)。 Nao☆ 将来は武道館のステージ上で、みんな辞めないで頑張ってきて良かったね、って抱き合いながら泣くのが夢なんです(笑)。ただライブをするだけじゃなくて、武道館で満員のお客さんにお祝いしてもらわなければ意味がないと思っています。 Kaede 今は新潟と東京がメインでお仕事をさせていただいていますが、全国をまわっても常にお客さんでいっぱいにできるようなグループにしたい。そして、最終的には新潟から武道館、ですね。 -最後に、今度ニコニコ生放送で放送されている乃木坂46の松村沙友里さんと中田花奈さんがMCをつとめている「生のアイドルが好き」にNegiccoのNao☆さんとMeguさんがゲストで出演します!その意気込みをお願いします! Nao☆ お二人とは何回か共演させていただいているんですけど、まだ実際に喋ったこともないので楽しみです!Negiccoというグループを乃木坂ファンの皆さんに認知してもらえるように頑張ります! Megu Negiccoのアットホームさが伝わればいいなって思っています。あとは、お二人が美少女なので映像に耐えられるよう頑張ります(笑)。 Negiccoとは? 遂に配信開始!Negiccoアルバム買うなら! 一曲からでも買える!