話題ドラマ ハマケンの相手は渡部豪太に
中川学の人気コミックエッセイを原作にした浜野謙太(SAKEROCK、在日ファンク)主演の実写ドラマ「僕にはまだ友だちがいない」(NHK Eテレで放送中)が、いよいよクライマックスの「隣人編」に突入する。 “大人の友だちづくり”をテーマにした本ドラマ、最重要人物となる「隣人B」役には俳優・渡部豪太が決定した。隣人編は7月18日(木曜深夜24:55~)から、6話にわたって放送される。 ©NHK・クリエイティブネクサス はまけん主導の在日ファンク! ゲキヤバトラックイマすぐ 「僕にはまだ友だちがいない」とは…。 人付き合いが苦手な売れない漫画家、中川学(浜野謙太)。薄い壁1枚隔てて暮らす隣人のB氏(渡部豪太)。性格、趣味、食べ物の好き嫌い、ルックス、身長…違いをあげたらキリがない中川とB氏。2人の物語は“最悪の関係”からスタートする。共通点は漫画家を目指していることだけ。一番近い場所にいる隣人、でも心が一番離れているB氏。果たして、2人は人生を語り合える友だちになれるのか?大人の友だちづくり、最大の挑戦が始まる――。