アイドル界最高峰のライブパフォーマンス!℃-uteリリースイベント
6月末に行われたパシフィコ横浜でのワンマン、初の海外単独公演の興奮冷めやらぬ℃-uteが7月14日(日)に、発売されたばかりの新曲『悲しき雨降り/アダムとイブのジレンマ』リリースイベントを開催した。 会場には数多くのファンがつめかけ、店外にまで行列ができるなど今の℃-uteの勢いと人気を物語っていた。 開始のアナウンスと共に会場が暗転、『アダムとイブのジレンマ』で幕を開ける。激しいEDMサウンドと煽情的なダンスで早くも興奮は最高潮!色とりどりのサイリウムがフロア一面に舞う。 間髪入れずに『Midnight Temptation』を投下。近年の℃-uteの最大の特徴であるクール&セクシーな楽曲でファンを挑発する。かと思えば、次のナンバーはまさに王道アイドルな可愛さが炸裂する『誰にも内緒の恋しているの』。先ほどまでの涼しげな眼差しから一転して5人は愛らしい笑顔を振りまく。4曲目には『Danceでバコーン!』を披露。激しくも楽しいパーティロックチューンに会場内からは怒号に近いコールが飛び交う。全く違うタイプのパフォーマンスを短い時間の中でふんだんに詰め込み、しっかりと魅せる5人。アイドル界随一と自他共に認めるチームワークとテクニカルなパフォマンスは伊達ではない。 メンバーそれぞれの写真はクリック しかし、先ほどまでの激しいパフォーマンスとは裏腹にMCではユルユルなトークを披露。踊りながらマイクを頭にゴツゴツぶつけたと告白した萩原舞に、あるあると全員で相槌を打てば、リーダーの矢島舞美がダンス場所を指示するシールを踏みつけたまま踊り、メンバー全員で場所が分からなくなるというトークで笑いを誘う。デビュー期から変わらないとぼけた一面も彼女たちにとっての魅力の一つだ。 イベントを締める最後の楽曲はダンサンブルだが、しっとりとした大人の香りが漂うナンバー『悲しき雨降り』。5人の力強く伸びやかな歌が場内を包んだ。 歌謡曲×EDMの革命!『悲しき雨降り/アダムとイブのジレンマ』/℃-uteレビュー! 30分という限られた時間の中で、ありったけの魅力を詰め込んだ℃-ute。ハイレベルなステージング、カワイイ、カッコイイ、楽しいの4拍子が揃ったまさに死角なし!な彼女たちは夢の9月10日武道館公演まで、この勢いのまま一気に走り抜けていく。 イマすぐ『悲しき雨降り/アダムとイブのジレンマ』高音質で聞く!