新感覚の妖艶ボイスで語られる怪談話
全篇ダミーヘッドで収録された濃厚サウンドと妖艶ボイスで語られる、妖しく恐ろしげな怪談話。 ダミーヘッドを使用し特殊な録音をされているため、あたかもあなたの横で後ろで話しているようなそんな錯覚に陥る! 妖艶な一人語りシチュエーションCD「くらやみがたり」の第二弾。語り部はアニメ・舞台でも大活躍の津田健次郎! この夏、新感覚の怪談話はいかがか? 【ストーリー】 ――時は動乱の世。貴女は夢を見た。とある噺家の男の元を訪ねる夢を。 彼の名は六条幻夜(ろくじょうげんや)。彼は“語ることによって、憑き物を落としてくれる”語り手らしい。 夢の通りに六条の元を訪ねると、彼は貴女にこう言った。 『あんた、随分面倒なのに取り憑かれちまってるじゃあないですか』 そうして六条は、ひとつの物語を語り出す。淡く暗く儚く咲いたひとつの夢を……。 (C)krym 津田健次郎イケメン過ぎるボイスはここで聞け!