160万再生の人気ボカロ曲がノベル化
ニコニコ動画で再生回数160万回を超える人気ボカロ楽曲『人生リセットボタン』がついに小説化。 明確なキャラクターは登場せず、謎が多い楽曲の小説化ということでその設定も気になるが、「本作は『人生リセットボタン』を聞いた人それぞれに生まれる物語の“可能性”のひとつを切り出したものに過ぎません」と作者は語る。 【あらすじ】 「僕はただ、完璧で、潔癖でありたかっただけなんだ」 どこにでもいる凡庸な中学生ユウトはある日、マキちゃんと名乗る謎の少女と出会う。「何を願うの――?」突如モノクロに変化した世界の中で少女は少年に問いかける。偶然の出会いにより“リセットボタン”を手にしたユウトは、完璧な人生を築いていこうと画策するのだが……。 【『人生リセットボタン』とは】 2011年11月7日、kemuを中心とするユニット、KEMU VOXXによって投稿されたGUMIオリジナル楽曲。kemuのVOCALOID処女作で、印象的な歌詞とBPM200というスピード感、スタイリッシュなPVが好評を得て、投稿からおよそ7ヶ月で100万再生を突破。2013年5月時点で、160万再生を超えている。また、「太鼓の達人」や「SOUND VOLTEC」といった音楽ゲームにも収録され、1200件以上の派生動画が投稿されており、2011~2012年を代表する人気楽曲である。 【著者プロフィール】 原案:KEMU VOXX[けむぼっくす] 人気ボカロPのkemuを中心に、イラストレーターのhatsuko、動画制作のke-sanβ、エンジニアのスズムの4人によって結成されたクリエイト・ユニット。2011年11月に投稿された『人生リセットボタン』がユニットの処女作である。これまで投稿してきた楽曲の総再生数は1000万再生を超える。