THE ポッシボー、PASSPO☆…「生ライブ」に潜入!
6月23日、新宿BLAZEにて行われたイベント「生ライブ」。アイドルから直接メールが届くサービス「生メール」に参加しているアイドルが集まったこのイベントは昼夜2部構成で行われ、夜の部では6組のアイドルが登場。 アイドルカレッジ、小桃音まい、THE ポッシボー、PASSPO☆、palet、prediaといま勢い乗るアイドルが勢揃いした。 オープニングを飾ったのはPASSPO☆の妹的存在のpalet。結成1年を迎えたばかりのフレッシュな7人は『ピンクのハートの雲』を含む5曲を披露。王道ピュアアイドルの究極形と言われるだけあり、その初々しいステージに視線が集中、初見のアイドルファンも多かったようだが完全に心を奪われていた…。 次に登場は、ライブアイドル界の重鎮とも呼べる小桃音まい。伸びやかな声、甘いアニメ声の2つを駆使しながら愛らしい世界を展開。メジャーデビューシングル『BANBAN 鼓笛サンバ』では、民族大移動系アイドルというキャッチの通り、場内を右に左にと揺れ動かし、一瞬にしてまいにゃ色に染めた。 続くアイドルカレッジは、これぞまさしく王道アイドルグループと呼べるパフォーマンスを披露。キラキラした姿をありありと見せつける。ラストの『少女卒業』では、候補生も加わり、熱さを加速させながら終えた。 愛らしい3組から一転、「大人の遊び場へようこそ」という口上のprediaが登場。『Dream Of Love』のように硬質なエレクトロサウンドと煽情的な踊りでフロアを挑発する。ステージを観たpaletメンバーから口々に「カッコイイ」という言葉が漏れるほど、ハンサムでアダルティな空間を提供した。 最近人気急上昇のTHE ポッシボーはさすがの力量を見せつけた。5人が目まぐるしく隊列を変えながら踊る姿はパンクバンドのライブのように荒々しい。ハロプロ仕込みの高度な歌唱とダンスはもちろん、トーク、煽り全てがハイクオリティ。『全力バンザーイ! My Glory!』のサビでは会場中が彼女らと共に諸手を挙げ、30分で見事に会場内を掌握した。 そして大トリのPASSPO☆。暗くなった場内に色とりどりのサイリウムが灯る。全員が整列し、『夏空HANABI』でパンキッシュにスタート。間髪入れずに『ViVi夏』でさらに勢いを増していく彼女ら。暴走少女・森詩織は「もっと!」とアジる。この日は岩村捺未が足のケガで出演できず、8人という変則的な形であったにも関わらず、シアトリカルなダンスがビシッと決まる。2曲を終えMC。2リットルのペットボトルで給水する森詩織に対して、槙田紗子から「私たちのアイドル度をマイナスにしてる!」と一言。悪びれずもっと煽る森。そうしたやりとりがあったからか、次はアイドル的側面の強い『キャンディー・ルーム』『Pretty Lie』でグッと愛らしさを演出。と、可愛いままで行かないのが彼女たち。『WANTED!!』で再び荒々しく踊り狂う。『STEP & GO』ではモッシュ、大移動となんでもござれ。カオスが渦まいた直後には『マテリアルGirl』で、クルーとパッセンジャーがサビのフリで一体となる。この時ばかりは端で観ていた岩村捺未もガマンできなかったのか飛び出し、自らのパートをしっかり歌い上げた。最後は『少女飛行』の突き抜ける爽やかさと多幸感をまき散らしライブを終えた。 それぞれが強烈な味を出し切った「生ライブ」。最後に催されたPASSPO☆によるハイタッチお見送りの際、駆けつけたファン全員が笑顔で出ていく姿がこの日の充足ぶりを物語っていた。 なお今回参加したアイドルが参加する生メールはこちらから→ http://namamail.com/