ビヨンセ×グッチ話題のイベントがWOWOWで
6月1日、ロンドンのトゥイッケナム・スタジアムで行われた「ビヨンセ  グローバルコンサート『ザ・サウンド・オブ・チェンジ・ライブ』」。 これは今年2月、グッチのクリエイティブ・ディレクター、フリーダ・ジャンニーニ、ビヨンセ・ノウルズ・カーター、そして女優のサルマ・ハエック・ピノーが発起人となり、グッチが設立した少女と女性のエンパワーメント(権利拡大)支援のための資金調達と意識向上を目的として立ち上げられたグローバルキャンペーン「チャイム・フォー・チェンジ」の一環として行われたもの。 コンサートのアーティスティック・ディレクターを務めたビヨンセのもと、集結したのはジェシー・J、エリー・ゴールディング、フローレンス・アンド・ザ・マシーン、ジェニファー・ロペス、ジョン・レジェンド、ティンバランドなどが熱演。プレゼンターとしてマドンナ、ブレイク・ライヴリー、ジェシカ・チャスティン、ジェームズ・フランコらが出演。 『GET RIGHT』や『LOVE DON’T COST A THING』といった大ヒット曲をメドレーでエネルギッシュに歌い踊り、サプライズゲストのメアリー・J・ブライジとの迫力満点のデュエット『COME TOGETHER』でも大いに沸かせ、貫録を見せた。 ビヨンセはサム・クックのカバー曲『A Change Is Gonna Come』。大ヒット曲のオンパレード『Run The World (Girls)』『Single Ladies (Put A Ring On It)』、さらに、新曲『GROWN WOMAN』も披露。そして、世界的な大ヒット曲『Crazy In Love』ではサプライズで夫であるJAY-Zが登場し盛り上がりも最高潮に。この日のラストを飾ったのは、ホイットニー・ヒューストンの名曲として知られる『I Will Always Love You』からバラード曲『Halo』へ。 【番組情報】 ビヨンセ グローバルコンサート「サウンド・オブ・チェンジ」 WOWOWメンバーズオンデマンドで配信中!(~2014年5月31日まで) ■詳細はこちら→http://mod.wowow.co.jp/