史上初!NHK「みんなのうた」に40mPのボカロ楽曲が!
50年以上の歴史があるNHKの伝統的な番組「みんなのうた」に、史上初!ボカロPとして40mPの楽曲が使用されることがわかった。 楽曲は『少年と魔法のロボット』、「人間の声以外で歌われた曲」が登場するのは初となる。 楽曲は、40mPが、「みんなのうた」の為に書き下ろした楽曲であり、音声合成ソフトの「メグッポイド(GUMI)」を使用して制作された。 この楽曲とともに番組で使用されるアニメーションは、『ほころび』『ドレミファロンド』『妄想スケッチ』などの40mP楽曲でコラボレーションをした絵師・たまが制作する。まさに、ニコニコ動画の世界観がそのままNHKの「みんなのうた」で放送されることとなる。 【40mPからのコメント】 子供のころから大好きだった「みんなのうた」に楽曲を提供させていただける とのことで、嬉しさでいっぱいです。 今回の新曲「少年と魔法のロボット」は、自分がボーカロイドに出会ったばかりの頃、 新しい世界に足を踏み入れて、ワクワクしながら音楽制作をしていた頃のことを 思い出しながら制作しました。 ボーカロイドを知らない人にも、興味を持っていただけるようなきっかけの曲に なれたら幸いです。 楽曲の放送は2013年8月から。