奇跡のアニソンカバー!4台のピアノが奏でる超絶インスト
紅い流星、H ZETT M、まらしぃというニコニコで大人気の3人が、ピアノでアニソンを弾きまくるコンセプトアルバムとして大ヒットした『3D-PIANO ANIME Theater!』から1年…。 今回は前代未聞!「演奏してみた」で大人気の事務員Gを新たにメンバーとして迎え、4台のピアノにパワーアップした『4D-PIANO ANIME Theater!』が完成した!6月19日の発売を記念して、それぞれのメンバー個別に今作品に対してインタビューを行った! まずは、初参戦となった事務員Gから話を聞いた。 ー今回、新たにメンバーとして加わったわけですが不安などはありましたか? 事務員G 3人ですでに演奏が完成していることも知っていたので、僕が加わって大丈夫なのだろうか?という不安はありました。4人になったら僕が足をひっぱってしまうのではないかと……。流星さんに電話をして相談をしたら「やる気があって、やりたいんだと思うなら一緒にやろうぜ」っていってくれて。 ーアレンジは、どのような点を考えましたか? 事務員G 今回、4人が機械的に動くことを目標にアレンジしていきました。サラウンド感のイメージで、Aメロの中でお互いの担当する部分がクロスして変わっていくような。あえて4人が同じようなことをして、混ざった時に一つの曲になるようにすることを目指したんです。4台のピアノ向けのアレンジは初めてだったんですけど、新たな発見があったりして面白かったです。 ー聴いて欲しい部分などを教えてください。 事務員G 今回、自分がアレンジしたのは『ドラえもんの歌』なんですけどすごい難しいことお願いしちゃったんですよ。今作品のメンバーって、感覚でピアノの音を探せるメンバーだと思うんですけど、そこにあえてクラシック寄りの譜面を作ったら面白いんじゃないかと思って。この曲だけは、カチカチってしていると思います。 紅い流星 すごい気合いを入れて作ってきた感じがありましたね。 H ZETT M とても難しかったけど、4Dのいい部分がでた曲だな、と思いました。 ー今後、どのような曲に挑戦して行きたいと思いますか? 事務員G アニメだけでなく、映画であったり昔の歌謡曲であったり、別のジャンルにも挑戦していきたいなって思っています。 4D-PIANO ANIME Theater! 【事務員Gプロフィール】 札幌市生まれ。4歳からピアノを始める。ニコニコ動画「演奏してみた」カテゴリで活躍するピアノ演奏者。2007年にニコニコ動画に初投稿した「情熱大陸」を一人で複数の楽器を同時に弾きこなした動画が話題となりテレビ等、メディアで多数取り上げられる。その後数々の演奏動画を投稿する中、2008年からコンサート・ライブの企画を始める。現在は、日本にとどまらず台湾などアジア各地でのライブを企画するなど多岐にわたる。2012年にはボーカロイド楽曲214曲をつなげて弾いた動画がニコニコ動画アワード(「演奏してみた」カテゴリー)を受賞している。