注目のシンガーやなぎなぎインタビュー
人気女性向けゲームブランド「オトメイト」から発売されるPSP用ゲーム『NORN9 ノルン+ノネット』の主題歌を注目のシンガーやなぎなぎが担当する。 今回は、やなぎなぎの担当する楽曲も収録されるサウンドトラックが6月5日(水)に発売されることを記念して、やなぎなぎへ楽曲についてのインタビューを行った。 ーオトメイトの新作ゲーム「NORN9 ノルン+ノネット」の主題歌を担当することになった御感想をお聞かせください。 やなぎなぎ 私自身ゲームが大好きですし、また今回は多くの女性の方に歌を届けられる機会でもあったので、お話を頂いた時は素直に嬉しかったです。どんな風に歌おうか、どんな歌詞を書こうか、新しいことがたくさん出来そうだと思いワクワクしました。 ー各曲の聴きどころを教えてください。 やなぎなぎ 『melee』は穏やかだけれど力強いOPになっています。歌詞に横文字と古語の様な表現を織り交ぜていて、物語が進むに連れOPの内容と重なっていきます。ぜひじっくりお聞きください。『砂時計は空の空』は子守唄のような、どこか客観的な曲です。のびやかな気持ちで歌ってみましたので、みなさんにも心地良くなっていただけたらと思います。『many universes』はとてもポップなEDになりました。激しくアップダウンするメロディをぜひ楽しんで頂きたいです。疾走感もあり、とても前向きな楽曲です。 ーOPテーマ『melee』はどのように作詞をされたのでしょうか? やなぎなぎ 物語のあらすじを頂いてから書きはじめました。その際舞台が大正のような風景になるとお聞きしたので、古語を織り交ぜよう!と思いつきました。でも終始古い言葉ではなく横文字も併用していて、ハイカラ感も出しています。melee(メレ)とは小粒のダイヤモンドのことで、この小さな石を登場人物になぞらえています。小さな石粒たちが集まった時、一体どうなるのか。それを描きたくて題材に選びました。 ーレコーディングで苦労した部分などはありましたか? やなぎなぎ サビはOPらしく盛り上がるのですが、Aメロはとてもしっとりとしていて、歌詞も少し後ろ向きな部分があったので、そこをどう歌うかで悩みました。 最終的には、思い切り落とすのではなく、切なさを押し出すようにして、サビでそれを爆発させるような気持ちで歌いました。 ーOPテーマ「melee」をカラオケで歌う際のポイント・アドバイスをお願いします やなぎなぎ 頭の中でゲームの登場人物や、風景を思い浮かべながら、サビは気持ちよく伸びやかに歌ってみてください! ーゲームでは声優にチャレンジされたそうですが、演じてみていかがでしたか? やなぎなぎ 歌も感情を表現するツールではありますが、キャラクターを演じるというのは全く違うジャンルなんだなと思いました。 歌には具体的な人物像、例えば身長や性格・年齢などはありませんが、キャラクターはそれが全て決まっているので、やはり「なりきる」作業が必要なんですね。 初めてのことばかりでしたが、収録はとても楽しく貴重な体験でした! ー6月にはイベント・オトメイトパーティに出演されます。多数の女性ファンが来場されるイベントですが意気込みをお聞かせ下さい。 やなぎなぎ 自身のイベントにはどちらかというと男性の方が多くきてくださるので、どんなイベントになるのだろう?とドキドキしていますが、私も女性の皆さんの目線で一緒に楽しみたいなと思っています。どうぞよろしくお願いいたします! ー最後に、サントラのリリースを楽しみにして下さっている、ファンの方へメッセージをお願いします。 やなぎなぎ OP・ED・挿入歌ももちろん収録されますが、植松伸夫さんによるメインテーマやゲーム中の曲が余すところなく入っているので、ゲームをプレイした時の思い出と共に、音楽の世界に浸って頂けたらと思います。 タイトル:NORN9 ノルン+ノネット サウンドトラック Plus アーティスト:やなぎなぎ、植松伸夫、ケビン・ペンキン NORN9 ノルン+ノネット 公式サイト http://www.otomate.jp/norn9/ (c)2013 IDEA FACTORY