【激深ライブレポ】NMB48武道館コンサートで見えた紅白歌合戦!
AKB48国内グループ(AKB48・SKE48・NMB48・HKT48)が4日間に渡り、日本武道館で単独公演を行った。NMB48は2日目の開催となり、日本武道館で単独コンサートをするのはこれが初めて。 開演前には渡辺美優紀の影アナが会場に鳴り響き、既にファンのボルテージはマックス状態に。テンションアゲアゲの中幕が開き『なんでやねん、アイドル』からコンサートはスタート。意表を突いた選曲にファンはド肝を抜かれた。メインボーカルを務めた木下春奈と門脇佳奈子の14歳、16歳コンビは大会場でも堂々とした振る舞いで一発で武道館をNMB48ワールドへファンを引き込んだ。 そこからは『NMB48』『青春のラップタイム』とNMB48のフェイバリットソングを歌い上げ一回目のMCへ。山本彩を中心に挨拶。既に盛り上がっているファンと一緒に「てっぺんとったんで!」と叫び一体感を見せてくれた。山本彩の叫びが号令となり、渡辺美優紀のソロ曲でもある『わるきー』からライブは続き一気に9曲を披露。 その後に待っていたのはNMBファンお待ちかねの山本彩引き語りソロナンバー『ジャングルジム』…なのだが、何とギターのトラブルに見舞われてしまい、なかなか歌い出しができない状況に。そんな非常事態にも関わらず、山本彩は世界観を崩すことなく、しっかりつなぎ、しっかりと歌い上げた。しっとりとしたバラードの後には、チームBⅡの『アーモンドクロワッサン計画』、チームNの『Lily』、チームMの『With my soul』と各チームそれぞれの楽曲を披露。 ライブは後半に入るとデビューシングル『絶滅黒髪少女』を歌うのだが、話題の【土下座パフォーマンス】に注目が集まった。土下座パフォーマンスとは、この楽曲の最後に客席に向かって全メンバーが土下座をするインパクト大の演出である。しかし今回の武道館ステージは360度円形であり、どのような形で土下座をするのか?ファンにとって気になるところだった。結果としては、研究生も含めた全メンバーで一斉に四方に向い土下座をするという圧巻の演出。このシーンは今回の武道館公演でもトップクラスのインパクトであり、NMB48の凄さを見せ付けた瞬間でもある。強烈なインパクトの後は、お馴染みのシングル曲『ナギイチ』『純情U-19』『ヴァージニティー』『北川謙二』と続いた。本編最後は今年の紅白歌合戦の初出場を目指して作られた『12月31日』を歌い締めくくった。 メンバーがステージから去り暗転すると、同時に大NMB48コールが巻き起りアンコールに突入。そのコールに応えメンバーがステージに登場すると、まず【7thシングル】の発売が報告。そしてそのカップリングの『届かなそうで届くもの』を早々に初披露することとなった。アンコールは続き、AKB48の復興応援ソングでもお馴染みの『掌が語ること』、NMB48にとって仲間の絆を大切にする歌としてメンバーのみならずファンからも愛されている『僕は待っている』と続く。しかし今回はいつもと違い、ステージの様子がおかしなことになっていた。スクリーンには、卒業を発表している福本愛菜のNMB48のオーディションから現在に至るまでの映像が映し出されていた。曲中にはメンバーによる花道が作られるなど、この曲とともに福本愛菜の卒業セレモニーがスタートしたのだ。 これに応えて福本は「いま波に乗っているNMB48を卒業することは本当に悩みました。でもNMB48がてっぺんを獲ることを目指しているので、私も負けずにバラエティタレントのてっぺんを目指します!」と決意を語った。ここでいきなり吉本新喜劇のテーマが武道館に流れ、池乃めだか、陣内智則、ケンドーコバヤシ、たむらけんじが卒業のお祝いに駆けつけた。彼らの登場でしんみりした空気もぶっ飛び会場は笑いの渦に。 最後は山口百恵の引退コンサートのように福本がマイクを置き歩き出すと、花道の途中が落とし穴になっていて福本は見事に落下。全身が粉まみれになった福本は悔しそうな表情で「オーマイガー!」と叫んだのだ。 実はこの叫びが最後の曲の紹介であり、最後は全員で『オーマイガー!』を大熱唱。 今回のNMB48は【白黒つけようじゃないか!】という挑戦的なタイトルが掲げられたAKBグループ合同での武道館コンサートで、完成度の高いパフォーマンスを見せつけながらもMCを中心に『笑い』『感動』という大阪代表らしい人間臭い部分をうまく表現し、ファンに受け入れられた。 紅白歌合戦の単独出場が目標のNMB48は、その条件を間違いなく満たしている、と確信が持てるステージを魅せつけてくれた!