レニー・クラヴィッツがユニセフ公共CMに
グラミー賞受賞者のシンガー・ソング・ライターであるレニー・クラヴィッツが、このたび、ユニセフの公共CMに登場。 子どもたちを守るために、ユニセフを応援しようと呼びかけています。 クラヴィッツ氏は 「どの親にとっても、わが子が病気で苦しむことほどつらいことはありません」 とコメント。 新アルバムのレコーディング中の合間をぬって、クラヴィッツ氏は公共CMを撮影。一人の子どもも取り残すことなく、予防接種を受けられるようにと、予防接種の重要性を訴えています。 ■ユニセフについて ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、世界の子どもたちの命と健やかな成長を守るために活動する国連機関です。現在、150以上の国と地域で活動しています。ユニセフは、子どもの権利を守る主要な機関として、保健、教育、栄養、水と衛生、保護、緊急支援などの支援活動を実施しています。活動資金は、すべて個人や企業・団体・各国政府からの任意拠出金でまかなわれています。(www.unicef.org) ■日本ユニセフ協会について 公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国36の国と地域にあるユニセフ国内委員会のひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動の広報、政策提言(アドボカシー)、募金活動を担っています。(www.unicef.or.jp)