AKB前人未到!劇場で3000回公演を達成!
AKB48が秋葉原の専用劇場での公演を5月6日(月)に行われた研究生公演(夜公演)「パジャマドライブ」にて3000回目を突破。 今でも伝説として受け継がれる、第一回公演が収容人数250に対してわずか7名のファンしかいなかったというエピソード。 メンバーが劇場周辺でビラを配布するなど試行錯誤し、初の満員御礼を記録することが出来たのは翌2006年の2月4日。 それから7年5カ月の歳月をかけ3000回、観覧人数は848,249人に達した!現在では研究生公演もチケットが入手困難。国民的アイドルとなりながらも、メンバーの卒業などの大きなイベントは、今でもこの劇場で行われAKBファンの聖地となっている。 ●AKB48グループ総監督/第一期生 高橋みなみコメント 私たちAKB48は2005年12月8日に、AKB48劇場のステージに立つことで活動を開始しました。 以来、あのステージは、もの言わずとも私たちメンバー一同を優しく見守りながら、厳しく育ててくれました。 そして、劇場に集う全てのファンのみなさんの応援により、今、私たちはAKB48 として存在できています。 3000 回は通過点でしかありませんが、一期一会を実感しつつ、私たちAKB48 はこれまで同様、これからもあのステージに立ち続けられるよう、日々精進していきたいと思います。 ●AKB48 グループ総支配人 戸賀崎智信コメント 2005年12月8日第1回目の公演に1期生としてステージに立っていた峯岸が、3000回目のステージに立ってコメントしているのを見て、これもまた劇場の持つ不思議な運なのかな、と思いました。 2005年12月8日を知る数少ない人間からすると、ただただ、ここまで支えて下さったファンの皆様に感謝の気持ちしかございません。3000回公演を行うことを目標にしているわけではありませんが、一つ、一つの公演を積み重ねた結果が3000回なんだと思うと、歴史の重みを感じます。今日からまた毎日、大切に積み重ねていきたいと思います。 ※写真はすべて(C)AKS