モーニング娘。'16 初のヒューストン公演に絶賛の嵐!「Anime Matsuri」最大動員記録

モーニング娘。’16が2014年のニューヨーク公演以来の海外公演を、テキサス州ヒューストンで行われた「Anime Matsuri」の中のメイン・イベントとして現地時間2016年2月27日19時より行った(日本時間 2016年2月28日10時00分)。

「Anime Matsuri」はアニメ、マンガ、コスプレ、ビデオゲーム、音楽、ファッションといった日本の文化を紹介するコンベンションで、今年で開催10年目。開催3日間(2/26~2/28)で3万人以上の動員となった。

モーニング娘。’16はその10周年を記念してのスペシャル・ゲストとして招聘。26日のオープニング・セレモニーに参加した後、3日間でライヴのほかにトークイベント、サイン会、WEBやテレビ等、現地メディアの取材を精力的に行った。

IMG_2304

 

モーニング娘。’16にとって譜久村がリーダーになって初の海外公演、そして鞘師卒業後、12人で初となる単独コンサートでもあった今回。歌割りが大きく変更になってから最初の長時間パフォーマンス、しかも野中が左足のケガによりフォーメーションには加われない中での出演、15時間の時差・・・普段以上に制限のある状況でのライヴはメンバーにとっても大きなプレッシャーだったと思われるが、25日にヒューストン入りしたメンバーは元気いっぱい。久しぶりの、12期メンバーにとっては初となるグループとしての海外を楽しんでいるようだった。

そんなメンバーも27日のライヴ当日は雰囲気が変わる。サイン会や取材の合間も寸暇を惜しんでMCの練習やリハーサル映像を見ながらの個々や全体の確認などを行い、次第に緊張と意気込みのテンションが高まっていく。「Anime Matsuri」への参加、ということでアニメやマンガ、ゲームといったコンテンツがメインである中、どのように受けとめられるかが注目となっていた。

このイベントには、アメリカのみならず世界中のファンが集結していたが、初めてモーニング娘。自体を今回初めて知った人、たまたまやってるので見に来た人も多い状況下での動員はまったく未知数だったが、結果開演までに多くのオーディエンスで「EXHIBIT HALL」は埋め尽くされた。

オープニングにメンバー紹介の映像が流れ始めると大きな歓声が巻き起こり、「ARE YOU READY?」の文字が映し出されるとその歓声は最高潮に。

そして1曲目『One and Only』のイントロで『One and Only』の赤いチェック衣装のメンバーがステージに現れると歓声が悲鳴に変わった。

モーニング娘。初の全編英語詞による『One And Only』はまさに今回のライヴの1曲目にふさわしい。そして激しいダンスとボーカルのコンビネーション・ナンバー『Oh my wish!』を披露後、メンバー1人1人が英語で自己紹介。野中以外、発音はたどたどしくも一生懸命思いを伝えようとしていた。

野中は自分の紹介の中で今日は足のケガのために座ってのパフォーマンスになることを詫びると会場から拍手が。

その後『ENDLESS SKY』『恋愛ハンター』『スカッとMy Heart』『ラヴ&ピィ~ス!HEROがやって来たっ。』を続けて披露。曲のイントロが出るたびに歓声が起こるのだが『恋愛ハンター』でひと際大きくなったのが印象的だ。『ラヴ&ピィ~ス!HEROがやって来たっ。』といったライヴで人気のナンバーがしっかり認知されていることにも驚かされたが、『スカッとMy Heart』のようなディスコナンバーは外人にウケがいいらしく、自然に体を動かしているのが随所で見かけられた。

ここでメンバーが半分ずつ衣装チェンジする時間を利用してのMCタイム。譜久村から紹介され登場したのはモーニング娘。OG・光井愛佳。会場から大きな歓声が。現地では現役だけじゃなく、これまでのメンバーもしっかり認知されており、ハロー!プロジェクトの歴史ごと楽しまれていることがうかがえる。

ここでは開演前に通訳もこなす光井自身が、会場に集まったファンに直接ヒヤリングした質問をメンバーが答えていく形で進行。「他に行ってみたい国は?」「ヒューストンを楽しんでいるか?」「好きなモーニング娘。の先輩は?」「印象に残っているライヴは?」といった質問にメンバーが答えていく。

「ヒューストンを楽しんでいるか?」の質問で飯窪がトヨタセンター(バスケットボールチーム・ヒューストン・ロケッツの本拠地)で選手のポスターと写真を撮ったというところで地元の話題からか大きな歓声が、そして「好きなモーニング娘。の先輩は?」の質問で牧野がお約束の「道重さゆみ」の名前を挙げると大きな歓声があがった。地元ネタとメンバーネタはやはり鉄板だ。

続いて、覚えて欲しい日本語・おなじみの気合入れの掛け声「がんばっていきまっしょい」(~モーニング娘。がコンサート前に全員で行う伝統的掛け声)と「いちばん」(~日本での物事を強調する言葉として紹介)を紹介。そこで石田が日本語で「ここぞという時に使ってください。いろんな人に「一番大好き」というと信じてもらえませんよ」とコメント。会場を沸かせた後は、会場全体で唱和した。

中盤は黒の衣装に着替えて『そうだ!We’re ALIVE』『LOVEマシーン』『恋愛レボリューション21』のレジェンダリー・クラシック・メドレーからスタート。最近のモーニング娘。では日本でのコンサートでも披露していない3連発。『恋愛レボリューション21』の途中で一瞬にして白い衣装に早替え。宇宙を意識したキラキラにアメリカ国旗と『I LOVE HOUSTON』のワッペンをあしらった今回のライヴ用の特別仕様の早替わり。その瞬間、会場は大きなリアクションに包まれた。

客席をバックに会場全体で記念撮影のあと、披露されたのは『冷たい風と片思い』。石田のソロ・ダンスに大きな歓声が送られる。その後は『The 摩天楼ショー』『愛の軍団』『わがまま 気のまま 愛のジョーク』『What is LOVE?』を一気に魅せる。『わがまま~』での『愛されたい 愛されたい』のコールはヒューストンでも健在だ。怒涛の勢いで本編が終了。

アンコールが会場に響き渡り、いつしかそのコールは「ズッキ」コールへ。ニューヨークに引き続き巻き起こる「ズッキ」コール。ヒューストンでも鈴木の人気は形になって立証された。

アンコール1曲目は「HOW DO YOU LIKE JAPAN?~日本はどんな感じでっか?~」。日本の良さ・素晴らしさをハードなトラックをバックに伝えるこの曲、海外公演のアンコールに選ばれるのも納得の1曲だ。会場も再びヒートアップ。

曲が終わって譜久村から見てくれた人に向けて英文のお手紙が披露された。『I Promise. We’ll Be Back!』で締めると会場はわれんばかりの拍手で包まれた。

そして最後に歌われたのは『One・Two・Three』。ヒューストン公演は今のモーニング娘。を象徴するナンバーで、大きな喝采とともに締めくくられた。

その後、公式に今回のライヴは6000人以上の動員であったことが伝えられた。これはこれまでの「Anime Matsuri」10年間のすべてのイベントの中で最大の動員記録とのこと。

モーニング娘。の海外活動史、そしてモーニング娘。の歴史上においても大きな意義のある公演となった。

彼女たちを初めて見たというアメリカ人は「自分が今までに見たことのないものだった。動画サイトでは見たことはあったが、実際見るのとでは全然違った。パフォーマンス、ステージング・・・すべてにおいてこれまで体験したことのないものだった。この空間を共有できたことを幸せに思っている」と感想を語った。スタッフ含むたくさんの一般人から「ヒューストンに来てくれて本当にありがとう」と言われたことも印象的な出来事となった。

最後にファンからの感想でこのレポートを終えようと思う。「またアメリカに来てくれたことも本当にうれしいが、これを機に同じ趣味を持つ仲間・同じ思いを共有できる人と再会し集まる機会を作ってくれたことに本当に感謝しています」。
【ライヴを終えてのメンバーのコメント】
譜久村:
会場がとても広かったので、どれくらいの人が来てくれるのかわからなかったのでドキドキしていましたが、私達のことを待ってくれていた人、初めて私達のライヴを見る人もたくさんいて、多くの人に今のモーニング娘。を見せることができてすごくうれしかった。
実は思っていたより緊張していました。他のメンバーより話すことも多いし、覚えた英語のMCも多かったし(笑)。でもファンの皆さんのやさしい応援や反応をいただけて本当にうれしかった。ライヴ途中から「ライヴを終わりたくないな」と思っていて、ライヴが終わってハケた瞬間に寂しくて泣いてしまいました。
また絶対にヒューストンでライヴをやりたいし、世界のいろんな国でライヴをやりたいと改めて思いました。

生田:
私にとってアメリカでのライヴは2回目でしたが、ヒューストンのほうが私に対する歓声が多かったような気がしました。(鈴木)香音ちゃんを超えることはできなかったけど(笑)。
是非ワールドツアーを実現させたい!その思いがさらに強くなりました。

鈴木:
私にとってモーニング娘。として最後の海外公演になるので、とても楽しみにしてきました。
まさかアンコールで「ズッキコール」が起こるとは思わなかったし、とてもうれしかったです。
今まで海外の方からたくさんの素敵な思い出をもらってきたけど、今回の公演で新たに素敵な思い出が増えました。ありがとうございました!

飯窪:
「Anime Matsuri」ということで、モーニング娘。のファンの方もコスプレしていたり、モーニング娘。もアニメも好きな人がいつもより多かったので私にとって「アニメとアイドルの融合」という最高の空間でした。私の好きなもので埋め尽くされた空間が本当に心地よかった。
あと、私は「ハニー」とファンの方に言われるんですけど、本場の「ハニー」をたくさん聞くことができました(笑)。

石田:
サイン会などで「AYUMIのダンスを楽しみにしているよ」と多くの人に言われたので気合い入ってたんですけど、前半は力が入りすぎていたと思います。ちょっと硬かったかな、と。でも後半は素で楽しめたし、見に来てくれた人にも楽しんでもらえてると感じました。ことばを超えたパフォーマンスを通じて「楽しんでね、私も楽しんでるよ」ということがちゃんと伝えられたと実感しました。「恋愛ハンター」で新しくもらえた自分のパートや「冷たい風と片想い」でのソロダンスのパートでステージの真ん中に立った時大きな歓声があがったんです。とてもうれしかったし、ちょっと自分に自信も持てました(笑)。

工藤:
正直ニューヨークの時のほうがリアクションが大きかった気がします。それはニューヨークのときは私達のことを知っていて好きでいてくれる人ばかりの前でのライヴだったからで、今回のように私達のことを知らない人もたくさん見てくれている、というライヴはまた新たな経験になりました。
ライヴが終わった後に、すれちがうたびに「今日ライヴ見たよ」「とてもよかった」って言ってくれる人が断然増えて、ライヴをすることで認知度が上がったことを実感できたんです。不特定多数の前でライヴをやることの重要性を感じたし、今後海外や日本でもそういった機会を増やしていけたらと思います。

佐藤:
くやしかったのは、もっとメンバーが英語を話せれば、その時の素直な気持ちも言葉にして伝えることができるのに・・・って思って。私ももっと英語を勉強したいって今まで以上に感じました。
ライヴは自分的には反省すべきポイントはいくつもあったんですけど、すごく盛り上がってくれた。モーニング娘。’16として前に一歩踏み出せたなって感じることができました。

小田:
一番うれしかったのは「モーニング娘。’16を知らない方がたくさんいた」ということ。今回のライヴを通じて私達や私達の音楽に興味を持ってくれた人が増えたなって実感できました。ライヴの途中からでも会場に入ってきてくれる人がたくさんいたし、私もそれをステージ上で見ることができた。「もっと入ってきて!ここ楽しいよ!」って心の中で呼びかけながらパフォーマンスしてました(笑)。

尾形:
私にとって人生初の海外で、海外のファンに直接会うのは初めてでした。ファンだけでなく、他の方もとてもフレンドリーで面白い方が多く、視野が広がったし、いい経験になりました。
ライヴは声援が日本よりキーが高くて(笑)、大きな声援をたくさんいただきました。これから世界中の人に会ってコミュニケーションしていけたらと思います。あと英語をもっと勉強します!

野中:
アメリカは5年ぶりでとても楽しみにしていました。
ステージに上がった瞬間懐かしさと心地よさを感じることができて、ようやく加入する前のアメリカで生活していた自分とモーニング娘。としての今の自分が一本につながったなって感じることができました。ライヴが終わったらなぜだか涙が止まらなかった。たぶん感動とうれしさから来る涙だったと思います。これからもっと海外の人とのコミュニケーションを大切にしていきたいと思います。

牧野:
始まる前から楽しみで楽しみでずっとドキドキしていました。
始まってからは曲が始まるごと、あおりやリアクションするごとに「キャー」って大きな声援をもらえて本当にうれしくって夢のような感じでした。
ぜひ世界ツアーをやってみたい!

羽賀:
私はツアーの初日の、曲が始まるごとに「お、この曲か」っていう客席のオーッという歓声を聞くのが好きなので、ツアーの初日が大好きなんですけど、今日のコンサートも1曲ごとに「キャー」っていう大きな歓声を聞くことができてとても楽しかったし、「Oh My Wish!」の私のセリフのパートの時も大きな歓声があがったんです。とてもうれしかったです。

光井(ライヴの途中のMCも担当):
海外はいろいろとバタバタして忙しいし、メンバーの緊張している様子やファンのリアクションなど、懐かしく思いながら同行していました。ファンからの質問をMCの中に盛り込んでいたので、事前にファンに質問したりしてコミュニケーションをとっていたんですけど、ファンの皆さんはすごく熱心だし、今回のライヴをとても楽しみにしている様子でした。自分がいることでメンバーとファンの距離を少しでも縮められたんじゃないかなって思います。