NMB48 市川美織が22歳「奇跡のセーラー服」披露

NMB48に所属する市川美織の「セーラー服」姿が話題となっている。

remon

これは、市川が22歳になって初めての「写メ会」にて衣装としてセーラー服を着用し撮影に望み、このセーラー服姿が「可愛すぎる」「現役すぎる」とSNSを中心に話題に。実際に一緒に撮影をしたファンからアップされる写真は、確かにカワイイ…。

市川本人がSNSにアップした写真も、どこからどう見ても女子高生…いや、下手したら女子中学生に見えるような似合いすぎる姿が。

市川といえば、AKB48グループの中でも一二を争う小顔として知られ、そのビジュアル力の高さは折り紙つき。元々、ファンやメンバーからも「天使」「妖精」と呼ばれることもあるほど。今回のセーラー服姿は「奇跡の22歳」と呼びたくなるほど、すでに高校を卒業してから4年近く経過しているとは思えない、セーラー服の着こなしを見せている。

握手会も「ビタミン注入会」と呼ぶほどに「レモンになりたい」ことでおなじみの市川。最近では雑誌「FLASHスペシャル」連載にて大好きなお笑い芸人と対談し分析するコーナーを持つなど、お笑いについて語ることも多い。また、昨年6月以来、実に約半年ぶりにブログ更新を再開し、現在も定期的に投稿を続けている。

今回のセーラー服もそうだが、次々と魅力的な部分が明かされている市川。「フレッシュレモンになりたいの~」以外にも、色々と市川美織に注目してみると面白そうだ。

写真(C)NMB48