NMB48 紅白で「365日の紙飛行機」歌唱で大ブレイクの予感

NMB48が「第66回紅白歌合戦」へ出場し『365日の紙飛行機』を歌唱した。

IMG_0532

この選曲に関してはファンの間でも「NMB48の曲ではない」と賛否両論があったが、NMB48の3回目となる紅白を終えた後、NMB48はどうなるのか?

紅白を通してNMB48を取材してわかったことは山本彩を中心とした大躍進の予感だ。

今回、メンバーからも「有名な曲を歌えて嬉しい」というコメントが出たことに、NMB48としての未来をひしひしと感じた。しかも、この発言が山本彩からではなく、次へ繋いでいく若いメンバーから出た発言だから心強さ、そして可能性を感じた。

このメンバーからの発言を、しっかりと頷きながら聞いていた山本彩からも、メンバーへの愛、そしてNMB48をもっと、全国区にするというシッカリとした意思を感じ取った。

今回、注目度の高い『365日の紙飛行機』を歌唱することで「見つかる」メンバーが非常に多くNMB48としても多くのファンを獲得するだろう。良くも悪くも、今回の『365日の紙飛行機』を歌うことがNMB48の今後にとって大きなターニングポイントとなる可能性は非常に高い。

紅白をキッカケに、NMB48が出演する様々な媒体を見る機会が増えればAKB48グループで最も個性的なメンバーが揃うと言われるNMB48に引きこまれていくだろう。

お笑い、トークが得意なメンバーが多くまた、ダンスを得意とするメンバーも多い。白間美瑠や木下春菜などビジュアル力が高いメンバーも多く見た目の華やかさ・派手さではAKB48グループで一番と言っても過言ではない。

今回の紅白歌合戦で、NMB48は確実に全国区の人気を獲得するだろう。