指原莉乃「超天然」ドラフト2期生との共演にデレデレ

「HKT48のおでかけ!」(TBS系列)にて、ドラフト2期生の3人、村川緋杏、松岡はな、今村麻莉愛がゲスト出演。指原は愛してやまない3人の登場に、終始デレデレ。

imamura

MCの後藤輝基は彼女たちが選出されたドラフト会議で司会をしていたつながり。村川はドラフトの時に初めてあった芸能人が後藤だったことを再認識し「初芸能人だ本当だ」と天然発言。好きな芸人は誰かを後藤に聞かれても今村は「フットボール…」とコンビ名が出てこない。

松岡、今村は関東から最近、福岡に引っ越してきたという。松岡は「寝れなかった」とナイーブな一面を話すも後藤から「しくしく泣くこともあった?」と聞かれると「それはない」と素っ気ない反応。また、今村は、転校前の5年生の時に学校に好きな子がいたと話し「ブレイクダンスで大人部門で一位を取った子」とまさかの告白。その子からはピアノの発表会で花束をもらったと満面の笑みで話すと大人たちはメロメロ。

村川の「日本一美味しい塩おにぎりを食べたい」というお願いに、日本一のお米と日本一の海苔でおにぎりを作ることに。しかし、実際に作ってみて試食をしても「普通のおにぎり」というまさかの感想。今村は綿あめが作りたいということで、スタジオに綿あめを作る機械を用意し早速作成。するすると上手にできた綿あめを食べた感想が「綿菓子」の一言。更に、綿あめの他にやりたいことがあったのかを聞かれても、「サイゼリアのグラタン食べたかった」とコメント。あまりに芸能人らしくない3人に戸惑う後藤。

わちゃわちゃとするスタジオで、指原も綿あめの材料をスタジオに撒き散らかし後藤から「おばさん何してんねん」と突っ込まれ大爆笑に。

まだまだ、芸能人らしさがなくピュアな印象の3人。皆を笑顔にしてしまう天然ぶりにこれからも期待が持てそうだ。

写真(C)AKS